履歴書・職務経歴書・退職願・退職届の書き方/転職・就職活動応援サイト

 履歴書の書き方・職務経歴書の作り方 

  
INDEX
履歴書の書き方TOP
サイトマップ
更新情報
 
履歴書の書き方
履歴書・職務経歴書
履歴書の書き方・基本@
履歴書の書き方・基本A
履歴書の書き方・日付・氏名
履歴書の書き方・住所・電話
履歴書・学歴・職歴・賞罰
履歴書・免許・資格・趣味
履歴書の書き方志望動機
履歴書の書き方本人希望
生年月日早見表
  
職務経歴書の書き方
職務経歴書の基礎知識
職務経歴書の作成準備
職務経歴書のスタイル
職務経歴書の記載事項
職務経歴書サンプル@
職務経歴書サンプルA
 
退職願・退職届
退職願の書き方
退職届の書き方
退職願・退職届の提出
  
労働基準法の基本
労働契約
労働条件の明示
解雇・解雇制限
解雇予告
労働時間・休憩・休日
時間外労働・休日労働
年次有給休暇@
年次有給休暇A
平均賃金
休業手当
変形労働時間制@
変形労働時間制A
変形労働時間制B
フレックスタイム制
就業規則・作成・変更
年少者の保護@
年少者の保護A
女性の保護@
女性の保護A
 
 ■履歴書の書き方、職務経歴書の作り方

就職活動応援サイト
 

履歴書の書き方・職務経歴書の作り方
退職届け・退職願い・労働基準法・有給休暇の紹介



時間外及び休日の労働

第三十六条  使用者は、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との書面による協定をし、これを行政官庁に届け出た場合においては、第三十二条から第三十二条の五まで若しくは第四十条の労働時間(以下この条において「労働時間」という。)又は前条の休日(以下この項において「休日」という。)に関する規定にかかわらず、その協定で定めるところによつて労働時間を延長し、又は休日に労働させることができる。ただし、坑内労働その他厚生労働省令で定める健康上特に有害な業務の労働時間の延長は、一日について二時間を超えてはならない。

2  厚生労働大臣は、労働時間の延長を適正なものとするため、前項の協定で定める労働時間の延長の限度その他の必要な事項について、労働者の福祉、時間外労働の動向その他の事情を考慮して基準を定めることができる。

3  第一項の協定をする使用者及び労働組合又は労働者の過半数を代表する者は、当該協定で労働時間の延長を定めるに当たり、当該協定の内容が前項の基準に適合したものとなるようにしなければならない。

4  行政官庁は、第二項の基準に関し、第一項の協定をする使用者及び労働組合又は労働者の過半数を代表する者に対し、必要な助言及び指導を行うことができる。

(時間外、休日及び深夜の割増賃金)
第三十七条  使用者が、第三十三条又は前条第一項の規定により労働時間を延長し、又は休日に労働させた場合においては、その時間又はその日の労働については、通常の労働時間又は労働日の賃金の計算額の二割五分以上五割以下の範囲内でそれぞれ政令で定める率以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。

2  前項の政令は、労働者の福祉、時間外又は休日の労働の動向その他の事情を考慮して定めるものとする。

3  使用者が、午後十時から午前五時まで(厚生労働大臣が必要であると認める場合においては、その定める地域又は期間については午後十一時から午前六時まで)の間において労働させた場合においては、その時間の労働については、通常の労働時間の賃金の計算額の二割五分以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。

4  第一項及び前項の割増賃金の基礎となる賃金には、家族手当、通勤手当その他厚生労働省令で定める賃金は算入しない。

(時間計算)
第三十八条  労働時間は、事業場を異にする場合においても、労働時間に関する規定の適用については通算する。
○2  坑内労働については、労働者が坑口に入つた時刻から坑口を出た時刻までの時間を、休憩時間を含め労働時間とみなす。但し、この場合においては、第三十四条第二項及び第三項の休憩に関する規定は適用しない。


 履歴書の書き方・職務経歴書の作り方TPOページ

Copyright© 履歴書の書き方・職務経歴書の作り方/退職願・退職届 All rights reserved.