履歴書・職務経歴書・退職願・退職届の書き方/転職・就職活動応援サイト

 履歴書の書き方・職務経歴書の作り方 

  
INDEX
履歴書の書き方TOP
サイトマップ
更新情報
 
履歴書の書き方
履歴書・職務経歴書
履歴書の書き方・基本@
履歴書の書き方・基本A
履歴書の書き方・日付・氏名
履歴書の書き方・住所・電話
履歴書・学歴・職歴・賞罰
履歴書・免許・資格・趣味
履歴書の書き方志望動機
履歴書の書き方本人希望
生年月日早見表
  
職務経歴書の書き方
職務経歴書の基礎知識
職務経歴書の作成準備
職務経歴書のスタイル
職務経歴書の記載事項
職務経歴書サンプル@
職務経歴書サンプルA
 
退職願・退職届
退職願の書き方
退職届の書き方
退職願・退職届の提出
  
労働基準法の基本
労働契約
労働条件の明示
解雇・解雇制限
解雇予告
労働時間・休憩・休日
時間外労働・休日労働
年次有給休暇@
年次有給休暇A
平均賃金
休業手当
変形労働時間制@
変形労働時間制A
変形労働時間制B
フレックスタイム制
就業規則・作成・変更
年少者の保護@
年少者の保護A
女性の保護@
女性の保護A
 
 ■履歴書の書き方、職務経歴書の作り方

就職活動応援サイト
 

履歴書の書き方・職務経歴書の作り方
退職届け・退職願い・労働基準法・有給休暇の紹介



労働基準法 第13条〜


   第二章 労働契約


(労働基準法違反の契約)
第十三条  この法律で定める基準に達しない労働条件を定める労働契約は、その部分については無効とする。この場合において、無効となつた部分は、この法律で定める基準による。

(契約期間等)
第十四条  労働契約は、期間の定めのないものを除き、一定の事業の完了に必要な期間を定めるもののほかは、三年(次の各号のいずれかに該当する労働契約にあつては、五年)を超える期間について締結してはならない。
一  専門的な知識、技術又は経験(以下この号において「専門的知識等」という。)であつて高度のものとして厚生労働大臣が定める基準に該当する専門的知識等を有する労働者(当該高度の専門的知識等を必要とする業務に就く者に限る。)との間に締結される労働契約
二  満六十歳以上の労働者との間に締結される労働契約(前号に掲げる労働契約を除く。)

2  厚生労働大臣は、期間の定めのある労働契約の締結時及び当該労働契約の期間の満了時において労働者と使用者との間に紛争が生ずることを未然に防止するため、使用者が講ずべき労働契約の期間の満了に係る通知に関する事項その他必要な事項についての基準を定めることができる。

3  行政官庁は、前項の基準に関し、期間の定めのある労働契約を締結する使用者に対し、必要な助言及び指導を行うことができる。

(労働条件の明示)
第十五条  使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければならない。この場合において、賃金及び労働時間に関する事項その他の厚生労働省令で定める事項については、厚生労働省令で定める方法により明示しなければならない。

2  前項の規定によつて明示された労働条件が事実と相違する場合においては、労働者は、即時に労働契約を解除することができる。

3  前項の場合、就業のために住居を変更した労働者が、契約解除の日から十四日以内に帰郷する場合においては、使用者は、必要な旅費を負担しなければならない。

(賠償予定の禁止)
第十六条  使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない。

(前借金相殺の禁止)
第十七条  使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権と賃金を相殺してはならない。



 履歴書の書き方・職務経歴書の作り方TPOページ

Copyright© 履歴書の書き方・職務経歴書の作り方/退職願・退職届 All rights reserved.