履歴書の書き方・職務経歴書の作り方/就職活動応援サイト

 履歴書の書き方・職務経歴書の作り方 

  
スポンサード リンク
履歴書の書き方TOP
転職準備活動について
 
履歴書の書き方
履歴書・職務経歴書
履歴書の書き方・基本@
履歴書の書き方・基本A
履歴書のサンプル
住所・電話
学歴・職歴・賞罰
免許・資格・趣味
志望動機の書き方
本人希望の書き方
生年月日早見表
  
職務経歴書の書き方
職務経歴書の基礎知識
職務経歴書の作成準備
職務経歴書のスタイル
職務経歴書の記載事項
職務経歴書に関する書籍
職務経歴書サンプル@
職務経歴書サンプルA
面接対策・答え方のコツ
 ■履歴書の書き方、職務経歴書の作り方/就職活動応援サイト

スポンサード リンク


 時間外労働・休日労働



 36協定(三六協定)による時間外・休日労働(法36条)

 使用者は、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との書面による協定(労使協定)をし、これを行政官庁に届け出た場合においては、法定労働時間(1週40時間又は1日8時間)若しくは法定労働時間の特例(1週44時間)、又は休日(毎週1回又は4週間に4日)に関する規定にかかわらず、その協定で定めるところにより労働時間を延長し、又は休日に労働させることができます。
 
 36協定で定める事項

@時間外又は休日の労働をさせる必要のある具体的事由
A業務の種類
B労働者の数
C1日及び1日を超える一定の期間についての延長することができる時間
 又は労働させることができる休日
D有効期間の定め(労働協約による場合を除く。)


★ポイント

@時間外労働、休日労働があったときは、
 使用者は労働者に対して割増賃金を支払わなければなりません。

A割増率
 ・時間外労働→25%増し
 ・休日労働→35%増し
 ・深夜労働→25%増し
 ・時間外労働+深夜労働→50%増し
 ・休日労働+深夜労働→60%増し

Bもし、会社が割増賃金を支払わない場合(サービス残業)は、労働基準監督署に相談しましょう。証拠資料としてタイムカードのコピーや給与明細書を保管しておきます。


スポンサード リンク



履歴書の書き方・職務経歴書の作り方、退職届・退職願・労働基準法の紹介
履歴書の書き方・職務経歴書の作り方TPOページ


Copyright© 履歴書の書き方・職務経歴書の作り方 All rights reserved.